2016年 大晦日 今年もありがとうございました

2016年もあと4~5時間もすれば終わっていきます。

近年は「1年が過ぎるの早いなあ」と思いながら大晦日を迎えている気がします。

今年お世話になった企業様や関わってくださったご担当者様、支援業務においてのクライエント様、全ての方にお礼を申し上げます。ありがとうございました。

日々全速力で駆け抜けた1年でした。2016年後半は自分自身、正直申しまして多少空回り感もあり、やるべき事は多いにも関わらず何から手を付けるか優先順位がわからなくなり、只々焦りや不安がつのり・・・結果が出ない出せない出せたとは思わない様な状況もありました。

相談業務をする上でプロセスを大切にということはクライエント様とも幾度となく共有させて頂きますが、結果が出ないとやはり全てが否定された、もしくは自己否定全開になってしまう感覚もありました。その都度、認知行動療法の考え方で自分が陥ってしんどくなりがちな思考の癖のチェックをしながら過ごしてきました。

おそらく来年から、もう明日の1月になったらすぐに1月中にお伺いする企業様へお持ちする書類等の準備を始めていきますし、何より1月末には精神保健福祉士国家資格受験が迫ってきており、非常に緊張感が高まっております。

 2年間専門学校に在籍し、ようやく受験資格を得ることができました。働きながらスクーリングやレポート提出は本当にキツかった…。自分が40歳を過ぎてから専門学校の学生になるとは思いもよりませんでした。しかしここからが重要で・・・試験に合格しなくては何にもなりません。

私は大抵の試験の前はしっかり勉強する方なのですが、、、今回は本当に勉強してない感がいっぱいです。ともあれ、「出る前に負けること考えるバカいるかよ」というアントニオ猪木の言葉を教えていただき、YouTubeも見ました!

自分にビンタをしながら残り1か月乗り切りたいです。

また、今月初めには定期的に訪問させて頂く企業様が増え、講話と契約もさせて頂く事ができました。ストレスチェック制度が始まったこともあり、メンタルヘルス対策に関心が高まってきている昨今ですが、産業カウンセラーを配置される企業様はまだまだ希少ではあるかと思います。社長様がご自身の会社と同じくらい従業員の方々の事を真剣に考えておられるからこその配置であると思います。産業カウンセラーは養成講座で徹底的にカウンセリング実習をします。産業カウンセラーは産業界においてカウンセリングの知識・技法などを用い、職場生活に関連して起こる心の問題やその背景となる問題について望ましい解決や対処のための心理学的援助を行う専門家です。従業員の方々が一人ひとり高いパフォーマンスを発揮でき、生産性のアップに寄与できるよう私も真摯に努める所存です。

来年も、EAPサービス業務は引き続きフットワーク軽く、呼んで頂ける企業様にお出掛けさせて頂きます!

アウトリーチ、なんていう専門用語がありますけど、PSWの資格を取れたとしてもフットワークは軽く!アウトリーチしていきたいと思います。PSWは医療従事者(コメディカルスタッフ)の資格ですが、私は産業カウンセラーであってもPSWの資格が取れても【フットワークの軽いアウトリーチ相談員】でありたいと思っております!

お伺いして4年目になる施設様での職場復帰支援業務や個人様向けのアロマテラピー教室もパワーアップできるよう精進していきたいと思っております。

本当に今年1年ありがとうございました。