カウンセリング

職場復帰支援…復職者の再休職防止のために

 

メンタルヘルス不調からの復職者へ、復職後に定期的にフォローアップカウンセリングを行い、体調・就業状況の確認および、セルフケアに関するアドバイスを行います。


*産業カウンセラーについて

産業カウンセラーは産業界においてカウンセリングの知識・技法などを用い、職場生活に関連して起こるこころの問題やその背景となる家族の問題、経済的問題、コミュニティの問題などについて望ましい解決や対処のための心理学的援助を行う専門家である(一般社団法人 日本産業カウンセラー協会『産業カウンセリング』より抜粋)

カウンセリングは心の病気を抱えた人が治っていく為に行う特別なものではなく、職場で今どのような事が従業員のメンタルヘルスに影響しているかを把握することで、深刻なメンタルヘルス不全者を出してしまい生産性やモチベーションダウンのリスクを回避する為の一つの方法です。

 

また、産業カウンセラーは医師の面談よりも低価格でカウンセリングさせて頂けます。

 

産業カウンセラーを配置することやメンタルヘルス通信を含めた健康に関する通信の配信により、企業様がメンタルヘルスを含め従業員様の健康に配慮している事をアピールして頂くことは、従業員様の安心感に繋がり、何かあれば相談出来る所があると言う風土にして頂くことができます。


*事例*

企業様には産業カウンセラーの窓口となって頂けるご担当者様を決めて頂き、その方にご連絡を致します。

 

訪問回数:1か月に1回定期訪問(毎月第1〇曜日、13時15分から 等)、臨時で定期日以外の訪問も有り

       臨時・・・体調悪化が懸念される社員様がいる場合等

 

時間:2時間(初回面談40分、2回目以降20分、ご担当者様との情報共有5分を目安として、来談頂く人数をご担当者様に予め決めて頂きます。)

 

対象者:・メンタルヘルス不調が心配される部下をもつ上司の方との面談

     ・上司・人事等から相談を勧められた社員様(長時間労働者・休みがち・メンタルヘルス不調が心配される

     ・メンタルヘルスのカウンセリング希望者

     ・復職後のフォロー面談

     ・発達・精神障害者雇用に関する相談(人事向け)

     ・発達・精神障害者雇用の社員様のフォロー面談

     ・産業医、主治医からのカウンセリングを勧められた社員様

     ・ストレスチェックで高ストレス者該当者に対する面談(産業医におつなぎする必要のある社員様の選別、産業医面談を希望されない社員様のフォロー)

 

その他:・実際に現場を見させて頂いた上で、職場適応が困難な社員様ご本人と上司の方への助言

     ・対象者が居ない場合の30分程度のメンタルヘルス関連の勉強会(グループワーク)※一方的な講話ではなく双方向のざっくばらんな短いワーク

 

カウンセリング後・・・都度「カウンセリング報告書」をご担当者様にメールにて送付(守秘義務を守った上で、産業カウンセラーとしての今後の方針の報告や職場環境改善のご提案等)

*報告書様式は、事業所様独自でご用意頂くか、こちらで準備させて頂くかは相談の上決めさせて頂きます。      


料金

個別カウンセリング(ストレスチェック問診票高リスク者・復職フォローアップ 等)

  • 基本料金:1万円(1時間まで 1〜2名対応)
    追加料金:1時間単位5000円
    出張費(交通費含む):
    ①白子駅を起点に20km周辺:訪問1回ごとに2000円
    ②白子駅を起点に20km以上:訪問1回ごとに5000円

ストレスチェックに関してはこちらをご覧ください⇒ストレスチェック